南風原町・八幡浜市児童交流 参加児童『金城萌さん』の出展作品が第5回 琉球新報学校新聞コンクール 琉球新報社長賞 受賞

    標記交流事業は7月30日(金)~8月2日(月)において開催。
    本町から参加した『金城 萌さん』は、八幡浜市児童交流より帰路後、交流事業の思い出を児童交流新聞として
取り纏め、第5回琉球新報学校新聞コンクール 小学校壁新聞部門に出展し、見事 琉球新報社長賞を受賞!!
     10月11日(月)午後1時から新報ホール(那覇市泉崎)で表彰式があり、表彰授与された。
児童新聞名前
表彰状
    
    南風原町・八幡浜市児童交流事業は、平成5年6月からはじまった八幡浜市との児童交流事業。
    南風原町の「飛び安里」、八幡浜市の「二宮忠八翁」それぞれ大空への夢を実現しようとした共通の偉人をきっかけに、1年ごとに、八幡浜市と南風原町のそれぞれの地域においてホームスティを通じ、文化、歴史、風土の異なる地域の児童同士の交流をすることによって、南風原並びに八幡浜市の将来を担う人材作りを目的に実施されております。 
    今回は、7月30日(金)~8月2日(月)において、愛媛県八幡浜市へ訪問。
    八幡浜市受入家庭や八幡浜市商工会議所並びに商工会議所青年部員の皆様の手厚いおもてなしを受け、八幡浜市の歴史、伝統、文化等々にふれ、本町児童等は、大いに研鑽を深めることが出来た。 
画像 022
画像 298